プレミアリーグの上位クラブは資金力に長けており、高額の移籍金を支払って逸材を引き抜いてくる。その動きは中堅クラブにも見られる現象だ。移籍市場に精通しているファブリシオ・ロマーノ氏によればウルブズがスポルティングCPのMFマテウス・ヌネス獲得で合意したという。今後メディカルチェックを経て正式な契約が結ばれるといわれており、移籍金は総額5000万ユーロ(日本円にして約68億円)だという。BIG6の一角のクラブがこの