日本では、支給される公的年金額の不足に苦しみ、また十分な老後資産も形成できず、貧困にあえぐ高齢者が続出しています。その一方、周到に老後の計画を立て、問題なく生活を送っている高齢者もいます。両極端ともいえるこの高齢者の生活ぶりですが、それぞれの層を分断しているのは「金融知識」の有無であり、その効果は想像以上に大きいということが明らかになりました。老後資産形成に想像以上に影響する「金融知識の有無」政府