中国科学院紫金山天文台によると、小惑星センターはこのほど同天文台の地球近傍天体望遠鏡が観測した「2022 OS1」「2022 ON1」と名付けられた2個の地球近傍小惑星を発表した。新華社が伝えた。小惑星2022 OS1は7月23日に初めて観測されたもので、当時の明るさは約20.9等、見かけの運動速度は1日当たり0.895度で、予想直径は約230メートル。小惑星2022 ON1は7月24日に初めて観測されたもので、当時の明るさは約20.5等、見かけの