7月のサービス業PMIは前月より1.0ポイント上昇し、好不況の目安の50を2カ月連続で上回った(図表作成:財新)中国のサービス業の景況感が明るさを増している。春先から5月末にかけて中国各地で実施された新型コロナウイルスの厳しい防疫措置が緩和され、経済活動の正常化が進んだことが背景だ。8月3日に発表された7月の財新中国サービス業経営活動指数(サービス業PMI)は55.5と、前月(54.5)より1.0ポイント上昇。好不況の目安と