【AFP=時事】ロシアが2014年に併合したウクライナ南部クリミア(Crimea)半島にある空軍基地で9日、航空機用の弾薬が爆発し、1人が死亡、複数が負傷した。ロシア当局が発表した。ロシアの通信社が国防省の発表として伝えたところによると、基地が位置する同半島西部のノボフェドリウカ(Novofyodorovka)付近で、「複数の航空機用の弾薬が爆発」した。原因は調査中だが、基地に対する攻撃はなかったとみられるという。当局は