先週水曜、ニュージーランドのケンブリッジ競馬場で落馬負傷し、重篤な状態に陥っていた日本人騎手の柳田泰己騎手が現地時間9日、亡くなったことがわかった。オーストラリアの一般紙「ヘラルドサン」の電子版が報じた。 最終レースでテアタトゥパッシュに騎乗していた同騎手はゴールから約250mの地点で落馬。その際、頭と脊椎に深刻な損傷を受け、落馬負傷した時点で意識がなかったという。病院