県内では草刈り中の男性がハチに刺され死亡するなど、ハチによる被害が増えている。 ハチは、気温が高いと活動が活発になるという。 郡山消防本部の調べでは、過去5年間で252人がハチに刺されて搬送されている。 7月55件、8月90件、9月65件と、暑い時期が大半を占めている。 どんな時に被害にあっているか調べたところ、草刈り・草むしりが最も多く97件、次に畑仕事などの屋外作業で71件となっている。 農学