「表現の不自由展」の会場近くで、道路を封鎖して警戒に当たる警察官ら=6日午後、京都市政治的な理由から公共施設での展示を拒否されたアート作品などを集めた「表現の不自由展」が6日、京都市内で2日間の日程で始まった。会場周辺には京都府警が多数の警察官を配置して警戒に当たった。保守系団体とみられる街宣車も集まり、中止を求めた。主催者側は会場の場所を公表せず予約者のみに案内。観覧者の荷物は金属探知機で検査