【シンガポール=森浩、ワシントン=坂本一之】米国のブリンケン国務長官は6日、フィリピンの首都マニラでマルコス大統領と会談した。ペロシ米下院議長の台湾訪問をめぐって米中の緊張が高まる中、中国寄りのドゥテルテ前政権下で隙間風が吹いた米比関係を立て直し、中国に対抗していく狙いがある。会談でマルコス氏は、ペロシ氏の訪台について「率直に言って、(地域における)対立の激しさを深めたとは思わない」と発言。米国が