米国が広島に原爆を投下してから、6日で77年となる。ロシアがウクライナに侵攻し、核兵器使用の懸念が高まる中で迎える原爆の日になる。広島市中区の平和記念公園では6日朝、平和記念式典がある。地元選出の岸田文雄首相が首相就任後では初めて出席し、あいさつする。国連のグテーレス事務総長も初めて参列する。広島市の松井一実(かずみ)市長は式典で読み上げる平和宣言で、核兵器禁止条約に否定的な日本政府に対し、来年