1945年8月に米国が広島、長崎に投下した原爆は、10歳未満だった約1万4千人の子どもたちを死に追いやったとされる。遊び、学校、親の愛情――。被爆前の子どもたちを撮影した白黒写真を人工知能(AI)技術で色づけすると、今の子たちとなんら変わらない、無邪気な笑顔がよみがえった。広島、長崎両市が続けてきた調査では、原爆投下により、広島と長崎で10歳未満の子計約12万人が被爆した。約1万4千人が45年12月末までに死亡