中国軍が発射した5発の弾道ミサイルが日本のEEZ(排他的経済水域)に落下したことについて、中国外務省は「日本のEEZの言い分は存在しない」と主張しました。中国外務省・華春瑩報道局長:「日中両国は関連の海域で境界をまだ確定しておらず、日本のEEZという言い分は存在しない」中国外務省は5日の会見で、アメリカのペロシ下院議長の訪問に対抗しての台湾周辺での軍事演習について「事前に注意喚起した。国際法と国際慣行