任期満了に伴う沖縄県知事選(8月25日告示、9月11日投開票)に、新人で前宜野湾市長の佐喜真淳(さきま・あつし)氏(57)が5日、正式に出馬を表明した。2018年の前回選と同様に自民、公明両党の支援を受ける見通し。政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画について、佐喜真氏は「普天間飛行場の早期の返還実現には現在の移設計画が現実的だ」として容認を明言した。前回選は計画への賛否を明