不動産を売却するなら、少しでも高く売りたい。しかし、一般人が思い通りの結果を得るのは至難の技――。本記事では、実家の売却を考えている若い会社員「ミツウラアサミ」と、不動産売買の秘密を教えてくれる、小さなおじさんの姿をした不思議な「家の精」とのコミカルな会話を交えつつ、不動産業界のウラや売買のヒントをやさしく解説します。担当営業の「提案のウラ」を推察アサミの実家が「3000万円で売れる」と笑顔で宣言した