「プロのアスリートとしてスケートを続けていくことを決意しました」【画像】大谷の父は「中学1年の時には教えることが何もなかった」7月19日、フィギュアスケート男子で五輪連覇を達成した羽生結弦が会見を開き、第一線を退く意向を示した。その翌日である20日には、海を渡ったアメリカでは、エンゼルスの大谷翔平がメジャーで2度目のオールスター戦に「1番・DH」で出場する。羽生と大谷はともに1994年生まれの同世代。かつて