ボーフムの日本代表FW浅野拓磨は、古巣であるセルビアのパルチザンに対して“勝訴”したようだ。セルビア『ダナス』が得た情報として27日付で伝えている。浅野は2020/21シーズンのリーグ得点王争いを演じるなど、セルビアの強豪クラブであるパルチザンの主力として活躍。だがシーズン終盤に契約を解除し、その後ボーフムに加入することになった。浅野側は契約解除の理由としてパルチザンから度重なる給与未払いなどがあった