頻尿につながるため、就寝時間の1時間以内にスマートフォンを使用しないほうが良い、と台湾メディアが伝えています。機能栄養学の専門家がアドバイス台湾の機能栄養学の専門家であるCaptain Clinic院長の劉博仁氏は、スマートフォンから発せられるブルーライトは中枢神経を刺激し、夜間の睡眠を妨げる、とFacebookに投稿しています。 ブルーライトは交感神経が鎮まるのを抑制する、と劉氏は泌尿器科医の王弘仁の言葉を