サッカー界の伝説的選手で、60歳で亡くなったディエゴ・マラドーナさんをめぐり、医療関係者8人が故殺(計画性のない意図的な殺人)の罪に問われ、裁判にかけられることとなった。公判日は未定。裁判に臨むのは、神経外科医でマラドーナさんの主治医のレオポルド・ルケ医師、精神科医、心理学者、別の医師2人、看護師2人とその上司1人の8人。全員、マラドーナさん死亡の責任を否定している。8人は、人の死につながるかもしれないと