ウクライナでロシア軍の捕虜となり、ロシアの影響下にあるウクライナ東部の裁判所で死刑を宣告されたイギリス人男性が、刑を執行すると告げられた――。男性の家族はそう話し、イギリス政府の対応を求めている。エイデン・アスリン氏(28)とショーン・ピナー氏(48)は、ウクライナ東部の自称「ドネツク人民共和国(DPR)」にある国際的に認められていない裁判所で、今月9日に死刑判決を受けた。アスリン氏の家族によると、電話で