イギリス国防省は22日、激しい戦闘が続くウクライナ東部ドネツク州にいるロシア軍と親ロシア派部隊について、多数の死傷者が出ているとの見方を示した。一方的に独立を宣言した親ロシア派地域、自称「ドネツク人民共和国」(DNR)の民兵だけだと、開戦当初の兵力の55%を失っていると推定している。ロシアは侵攻開始後、自国の犠牲者の詳細を伏せてきた。DNRの人権オンブズマン、ダリア・モロゾワ氏は先週、ロシア兵2128人が死亡し