よりクオリティの高い「睡眠の質」を求め、寝具へこだわる人が増えています。しかしそれに伴い、寝具業界は苦境に立たされています。消費者の価値観の多様化、安価な海外製品、日々求められる新商品の発案等で、中小の寝具メーカーはどこも疲弊しているのです。市場の変遷とともに、業界の現状について解説します。「消費者行動・ニーズ」への対応を迫られる寝具業界現代の日本は経済や社会制度が発展し、必要な物やサービスは満た