2007年6月10日のエスパニョール戦、メッシが決めたゴールに相手チームも猛抗議数々のスーパーゴールを叩き込んできたフランス1部パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだが、その偉大なキャリアの中で「最も物議を醸したゴール」に英メディアが注目している。「リオネル・メッシが『神の手』と称される、最も物議を醸したゴールを決めた時」と特集を組んだのが、英メディア「スポーツ・バイブル」だ。かつ