2007年、中日ドラゴンズの落合博満監督は、日本ハムとの日本シリーズ第5戦で前代未聞の投手交代を告げた。完全試合目前だった山井大介に代えて、守護神・岩瀬仁紀をマウンドに送ったのだ。【画像】現役時代の岩瀬仁紀物議を醸した“非情采配”の舞台裏では、いったい何が起こっていたのか。そして、マウンドに送り込まれた守護神の心境は--。ここでは、『証言 落合博満 オレ流を貫いた「孤高の監督」の真実』(宝島社)から