◆ 初回だけで33球要すも中盤以降は安定投球パドレスのダルビッシュ有投手(35)が20日(日本時間21日)、本拠地ペトコ・パークでのダイヤモンドバックス戦に先発登板。7回4安打1失点と好投し7勝目の権利を持って降板した。初回、安打と四球などで一死一、三塁のピンチを招くと、4番・ウォーカーにあわや柵越えの左犠飛を許し先制された。その後も連続四死球を与え再び満塁のピンチ。それでも、最後は7番・ケネディを空振り三