【AFP=時事】フランス外務省は17日、ロシアのウクライナ侵攻で懸念される食料危機を回避するため、同国にビートやニンジン、キャベツ、トマトなどの種31トンを支援したと発表した。外務省によると、26万トンの収穫が見込める。欧州連合(EU)最大の農業国であるフランスは、4月と5月にもジャガイモの種600トンをウクライナに提供していた。ロシア軍による黒海(Black Sea)封鎖で、ウクライナからの穀物輸出が停止し、低所