ロッキーズのレポーター、ウィンガートさんを襲った“4年ぶり”の悲劇「ボールを引き付けてしまう」美女レポーターに、回復を願う声が多数寄せられている。ロッキーズのレポーターを務めるケルシー・ウィンガートさんは16日(日本時間17日)のジャイアンツ戦で9回、ベンチの先にあるカメラ席にいたところ、ジャイアンツのオースティン・スレイターが放ったファウルがおでこに直撃してしまった。AP通信が伝えている。時速95マイル