【AFP=時事】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は18日、東京五輪の陸上男子4×100メートルリレーで2位に入った英国のチジンドゥ・ウジャ(Chijindu Ujah)のドーピング違反を認定し、英国チームの銀メダルを剥奪すると発表した。ウジャは昨年8月6日の決勝レース後、筋肉増強に使用される禁止薬物のオスタリン(Ostarine)と選択的アンドロゲン受容体調節薬のS-23の陽性反応を示した。英国は優勝したイタリアと0秒01差の2位に入ったが