国家公務員総合職、いわゆる「キャリア官僚」の合格倍率が7.8倍と過去最低となっている。ジャーナリストの池上彰さんは「安倍・菅内閣の国会軽視の姿勢が、東大生の官僚離れを招いた。このまま優秀な人材が離れていけば、官僚の劣化は避けられない」という――。※本稿は、池上彰『これが日本の正体!池上彰への42の質問』(大和書房)の一部を再編集したものです。■虚偽答弁をした国会議員が再選する日本衆議院の調査局による