近年で日本財政が最も健全だったのは1990年でした。歳出は約70兆円、税収は約60兆円。その差の約10兆円が借金でした。その後、歳出は2000年に約80兆円、2010年に約90兆円と右肩上がりで伸び続けます。税収は00年に約50兆円、10年に約40兆円と逆に右肩下がり。歳出と税収の推移をグラフ化すると、歳出(上あご)と税収(下あご)の差は「ワニの口」のように広がりつつありました。そこで、私は総理の時に社会保障と税の一体