衝撃の黒星発進に、歴戦ストライカーも唖然としている。英公共放送『BBC』が伝えた。44戦無敗を誇り、FIFA女子ランキング1位のアメリカは7月21日、東京五輪のグループステージ初戦で、同5位のスウェーデンと対戦。戦前は優勝候補筆頭と目される絶対女王の優勢が予想されたが、試合が始まってみれば25分と54分にスティナ・ブラクステニウス、72分にリナ・フルティグにゴールを奪われ、スウェーデン相手にまさかの3失点。