進化は数字が物語っている。エンゼルス・大谷翔平投手(26)の今季9度目の先発登板となる11日(日本時間12日)のダイヤモンドバックス戦を前に、地元オレンジカウンティ・レジスター紙が「大谷が投手として新たなレベルに到達した方法」との見出しで、今季初登板からの4試合と最近4試合での投球の変化を徹底分析した。同紙が注目したのは球速の低下と制球力の向上で「今季初戦で100マイル(約161キロ)を9球、