「ロッテ−ヤクルト」(10日、ZOZOマリンスタジアム)ロッテの佐々木朗希投手(19)が3度目の先発となるヤクルト戦でプロ最長6回を投げ4安打1失点も2勝目はお預け。球速はプロ最速155キロをマーク。「試合を作ることができてよかったです。次の登板でも頑張ります」とコメントした。初回は1死から青木をこの日最速の155キロの直球で見逃し三振。山田も155キロで遊ゴロ。二回に村上に右中間ソロを浴び