(台北中央社)中国が台湾にワクチンを提供する姿勢を示したのに対し、対中政策を担当する大陸委員会は17日夜、「偽の善意を示す必要はない」とした。また、中国大陸が邪魔さえしなければ「われわれは信頼性がより高いワクチンをより早く国際社会から入手できる」との立場も示した。中国の台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室は17日夜、台湾の新型コロナウイルス感染拡大に言及した上で、大陸側は台湾の人々がウイルスに勝つた