[ワシントン17日ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は17日、労働力を含む供給のボトルネックの解消で景気回復の加速化が見込まれるとし、米経済の今年の成長率は7%に達する可能性があるとの見方を示した。クラリダ副議長はアトランタ地区連銀主催の会合で「今年は経済成長が加速する公算があり、成長率は6%を超え、7%に達する可能性がある」と述べた。ただ、米経済は現在は「極めて流動