米国で10日、配車サービスのドライバーをしている台湾系男性が強盗被害に遭った。香港メディアの香港01によると、男性は自身が発したある言葉で命が助かったと考えているようだ。同日午後9時20分ごろ、配車サービスLyft(リフト)のドライバーをしている台湾系のPaul Liaoさん(67)がカリフォルニア州サウス・エルモンテのガソリンスタンドで停車中、銃を持った男が突然、後部座席に乗り込んできた。男は現金1560ドル(約17万円)