アメリカのバイデン大統領はパレスチナ自治政府のアッバス議長と電話会談し、衝突回避の道筋として、パレスチナとイスラエルの「2国家共存」を支持する考えを示した。バイデン大統領は15日、アッバス議長との電話会談で、市民に犠牲者が出ていることへの懸念を共有し、イスラム原理主義組織「ハマス」によるイスラエルへのロケット攻撃をやめるべきだと強調した。その上で、「解決のためのベストな道筋」として、イスラエルと