ロシアの建設現場に派遣されていた北朝鮮労働者11人が3月、北朝鮮当局による賃金のピンハネや自由時間の少なさや食事の粗末さなどの待遇に不満を抱き、韓国に亡命していたことが明らかになった。北朝鮮労働者はロシア国内の朝鮮系住民の手配で韓国に逃れたとみられる。北朝鮮政府は事態を重視し、労働者の監視体制を強化し、これまでは10人から30人のグループに監視役として国家保衛省要員1人を付けていたが、今後は5人のグル