自覚があるかどうかわかりませんが、人間は常に先々の記憶に影響を及ぼすように努めています。たとえば、明日に備えてメモやToDoリストを残したり、スマホを取り出して特別に鮮やかな日没をわざわざ撮影することもそれに該当します。しかし、それ以外にもできることがあると、記憶を研究しているケンブリッジ大学の認知神経科学の教授であるMichael Anderson博士は言います。Anderson博士は、New York Timesとの最近のインタビュー