昨年、“北海道の職人、伊藤製作所の4代目伊藤慧太が作る高品質の中華鍋”が中国で大ヒットした。伊藤製作所という会社も、伊藤慧太なる職人も存在せず、写真に写る“職人”は中国人俳優。つまり、全てニセモノだ。(イメージ写真提供:123RF)サーチナ

中国で後を絶たない「ニセ日本人職人」 うける理由は?

ざっくり言うと

  • 中国で「ニセ日本人職人」が出現している理由を、台湾メディアが分析した
  • 中国人は「職人業」のようなプロの精神にあこがれを抱いていると指摘
  • また、消費者は商品の背後にある「ストーリー」に魅力を感じるため、とした

ランキング

x