スペインで発生した衝撃的な事件の裁判が行われ、対戦相手を刃物で刺した選手に10年の懲役刑が言い渡されたとのこと。事件は2年前に行われたアマチュアリーグの試合で発生したもの。エル・パロというチームに所属していた2名の選手が、対戦相手だったアラウリン・デ・ラ・トーレというクラブの主将を務めていたサムエル・ガランを試合後に襲撃し、刃渡り10cmのナイフで2回刺したという。刺されたガランは自力でロッカールームまで