8日(土)の午後、アトレティコ・マドリーがアウェイでFCバルセロナとスコアレスで引き分けた試合の前半に、ルイス・スアレスがPKをアピールしたが、元チームメイトのジェラール・ピケはこれを気に入らなかった。ボールをパンチングしようと出てきたマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがスアレスと交錯。ドイツ人GKが先にボールを触っていたため、PKとはならなかったが、アトレティコの背番号9は、チームにPKを与えようと狡賢くプ