米雇用統計が大幅に下振れして、株式や暗号資産の投資家たちは安堵したようだ。米国の中央銀行であるFRBは物価の安定と雇用の両方にコミットしているので、雇用が回復した場合、テーパリング(量的緩和による資産買い入れを減らすこと)がより警戒される。雇用が悪ければ、コロナバブルがさらに膨らむ期待が持てる。2020年はコロナ禍悪化は株式市場にとって良いニュースであったが、2021年は米国の雇用悪化が良いニュースになり