憲法改正手続きに関する国民投票法改正案が、昨日6日、衆院憲法審査会で修正の上、賛成多数で可決され、6月の会期末までに成立する見通しになりました。自民、立憲民主両党の幹事長が、国会内で会談し、政党のスポットCMやインターネット広告の規制を巡って、自民が立憲民主の修正案を全面的に受け入れ、6月16日までの会期中に改正案を成立させると文書で合意しました。ただCM規制などの扱いで、与野党に隔たりがあり、改憲論議の