憲法改正の手続きを定めた国民投票法の改正案について、自民党の二階俊博幹事長と立憲民主党の福山哲郎幹事長が6日に会談し、立民が要求した修正案を与党側が受け入れることで合意。同日の衆議院憲法審査会で改正案が採決、可決された。改正案は、今国会で成立する見通しとなっている。これに対して、国民民主党や日本維新の会の議員からは不満の声があがっている。提出から3年近く継続審議として先送りされてきた改正案が、国会で