グーグルは2020年の夏、一部のAndroidタブレット用に「キッズスペース」と呼ばれる子ども用のコンテンツハブの機能を導入した。この機能は、子どもの年齢に適した本やゲーム、動画を子どもや保護者が探しやすいようにする機能である。そしてグーグルは、今度は同じような機能を大人向けにも導入しようとしている。「Androidタブレットを「コンテンツのハブ」に:グーグルが新機能の搭載を決めた理由」の写真・リンク付きの記事はこ