誰のために何のために書くかをハッキリさせましょう(写真:Greyscale/PIXTA)「仕事で何か文章を書いても反応が鈍い」という声をよく聞きます。「仕事で」ということは何らかの宣伝要素があるでしょうから、読み手からすれば、そんな下心のある文章は避けるのが普通で、よほど自分に役立つ内容でもなければ、なかなか読む気にはならないでしょう。この場合、読まれるための工夫として記事のSEO対策、更新頻度や拡散手段、メジャ