コロナ禍でマスク着用がすっかり定着しているなか、「マスク頭痛」を訴える人が急増しているそうだ。きょう6日(2021年5月)の「モーニングショー」で、MCの羽鳥慎一がパネルを使って説明した。マスク頭痛には2種類ある。1つは、頭部や首筋に締め付けられるような痛みが出る「緊張型頭痛」。マスクのゴムひもを長時間かけ続けることにより、顔や首の筋肉がこって血流が悪くなることが原因で、動くと痛みが軽減することもある。