2021年5月5日、Twitterで他人に返信する「リプライ」を行う際、内容に乱暴な言葉づかいや侮辱的な表現、不快にさせる表現が含まれていると検知された場合には、返信が一時停止された上で内容を再検討するよう促す警告文が表示される機能が登場しました。Tweeting with considerationhttps://blog.twitter.com/en_us/topics/product/2021/tweeting-with-consideration.html攻撃的な内容を含むリプライを作成して送信しようとした場