Appleは5月3日(米国時間)、iPhoneおよびiPad向けのソフトウェア・アップデートの提供を開始した。「iOS 14.5.1」および「iPadOS 14.5.1」だ。iOS 14.5およびiPadOS 14.5が公開されてから一週間しか経っていない状態で次のアップデートが提供されたのは脆弱性を修正するとためとされている。この脆弱性を悪用したサイバー攻撃が既に確認されていることから注意が必要。アップデートが提供されるプロダクトおよびバージョンは次のと