米運用会社アルケゴス・キャピタル・マネージメントのポジション破たんを巡り、「リーマンショックの再来」がささやかれている。JPモルガン・チェースの予想によると、クレディ・スイスや野村ホールディングス(HD)など一部の大手金融機関が被る損失は、最大100億ドル(約1兆793億)を超える。その波紋が広範囲に広がり、やがて世界の金融市場を飲み込む可能性はあるのだろうか。■アルケゴス問題 クレディ、野村などが多額の損